製品開発へのこだわり

化粧箱 ヨーロッパ建築をイメージ

スペインの漆喰の壁に映えるアイアンワークをイメージ

蝶のロゴと、化粧箱の両サイドに施した薔薇模様は、ヨーロッパ建築でよく見られる錬鉄のアイアンワークをイメージしています。日本でも高級ホテルやジュエラーの門扉などで目にする機会もあるかと思います。機能性と芸術性を兼ね備えたこの文化を化粧箱という形で製品にも取り入れたいと思い、トライいたしました。

ちなみに、化粧箱に使用している紙は両サイドのアイアンワーク調の薔薇が映えるよう、スペイン建築の漆喰の外壁をイメージし、ほっこりとした暖かみを感じるオフホワイトの色味でさらに少しザラッとした漆喰っぽい質感の紙を特別オーダー。繊細かつ大胆な芸術的な化粧箱に仕上げていただきました。

関連記事

  1. ハリの要 「レチノール」

    2021.01.30
  2. エコマート社 超臨界CO2抽出ローズアブソリュート

    2019.10.04
  3. 究極のクリームに採用。超高圧微細乳化技術

    2019.08.13
  4. 肌の修理屋「パンテノール」

    2021.01.30
  5. 透明感をもたらす成分「グラブリジン」

    2019.10.04
  6. うるおいの要「セレブロシド」

    2019.10.04
PAGE TOP