製品開発へのこだわり

ハリの要 「レチノール」

肌痩せ対策にはレチノール

ビタミンAの一つ。コラーゲンの合成代謝を促進する成分としてシワやたるみ予防として有用な成分です。また、肌の新陳代謝を高め、角質層の保湿性を向上、柔軟にします。角質層の状態を整えることから、ニキビ治療にも使用されます。弊社では、劣化しやすいレチノールに安定性を高めるためにパルミチン酸を結合させたパルミチン酸レチノールを配合しています。

安定型レチノール

パルミチン酸レチノールとは、レチノールに高級脂肪酸であるパルミチン酸を結合してエステル化した油溶性(脂溶性)ビタミンA誘導体です。レチノールは、表皮ヒアルロン酸合成促進、真皮コラーゲン産生促進およびターンオーバー促進効果などを有しており、肌のハリを高め、シワへの効果が知られています。その一方で、熱、光、酸素、金属イオンに対して非常に不安定な性質を有しています。パルミチン酸レチノールは、安定型レチノール、または安定型ビタミンA誘導体と呼ばれているように、レチノールをパルミチン酸を結合し、安定化させたたものです。またヒト生体内においてレチノールはパルミチン酸レチノールの形で貯蔵されており、以下のように、パルミチン酸レチノール → レチノール → レチナール → レチノイン酸(トレチノイン)というように変換を経て、レチノールおよびレチノイン酸の生理活性を発揮します。つまり、パルミチン酸レチノールの主な作用は、皮膚内で加水分解を受けることによるレチノール(最終的にレチノイン酸まで変換される)の作用なのです。また、パルミチン酸レチノールには紫外線を吸収する作用があり、紫外線ダメージから肌を守ることから「守りのビタミンA」ともいわれています。

レチノールは、肌痩せ、肌のしぼみ対策には必須!!肌がふっくらとみずみずしく生まれ変わるので、ぜひ、レチノール入りのスキンケアをお試しください。

関連記事

  1. 化粧箱 ヨーロッパ建築をイメージ

    2019.11.14
  2. うるおいの要「セレブロシド」

    2019.10.04
  3. 女性に嬉しい薔薇の精油(効能)

    2019.12.05
  4. 肌の修理屋「パンテノール」

    2021.01.30
  5. 究極のクリームに採用。超高圧微細乳化技術

    2019.08.13
  6. 乾燥、炎症、酸化から肌を守る「バラ幹細胞エキス」

    2019.10.04
PAGE TOP